父の日だから

はいどーも、なんだかんだで青木です。

 

唐突ですが、6月17日は父の日ですね。

1週間も前の話ですいません。最近、忙しくて記事に1週間くらいタイムラグがありますのでご了承ください。それでもいいという方は付き合ってください。もしよろしければ、結婚してください。

 

さて、話を戻しますが

皆さんは普段からお父さんやお母さんに感謝の気持ちを伝えていますか?

僕はと言うと親元を離れて初めて、お父さんの偉大さやお母さんの家族愛を感じるようになりました。

少し遅いですね。

そのくせ、普段年に1.2回くらいしか帰んないんですけど、なかなか面と向かってありがとうとか伝えたこともないんですよね。

感謝はしてるけど、なんかどう言葉にしたらいいか分かんないというか、恥ずかしいというか多分不器用なんですよね、僕。

で、僕の父親も多分不器用なんです。

なんていうか、ザ・九州男児って感じで、酒が好きで、酒飲まないと本音が言えなくて、背中で語るタイプの仕事熱心な人ですね。

 

結果、離婚したんですけどね。

だって口あるのに背中で語るんだもん。

しかも背中に毛生えてるんだもん。

伝わんないってそれじゃ。

だって背中に口ないもん。

背中からご飯食べれる?

食べれないよ。

だって背中に口ないもん。

背中でキスする?

しないよ。

だって背中に口ないもん。

 

まあそんな不器用な父ですが、今はむちゃくちゃ優しいんです。離婚前はよくぶん殴られてたんですけど、離婚しちゃったせいで年に数回しか会わないから会ったとき全力で優しさぶつけてくるんです。

 

毎回こっそりお小遣いくれるんです。

卒業式の時は仕事忙しいのに毎回見に来てるんです。

で毎回涙目なんです。

やっぱりお父さんってどうやってもお父さんなんですよね。

 

僕、離婚してシングルマザーであることが恥ずかしいって思ったことないんです。だから平気で友達とかに離婚話してました。

それはお父さんやお母さんが時間や場所を変えても、それぞれで愛情をこれでもかとぶつけてくれたからだと思います。

 

僕ね、父の日とか母の日って不器用な子供たちに用意された、感謝を伝えるための言い訳を作ってくれる日だと思うんです。

 

だから、不器用な僕も今回父の日を利用して、ちゃんと感謝の気持ちを伝えました。

 

ホントは直接会って、マウストゥーマウスで感謝を伝えようと思ったんですけど、今回はタイミングがなかったので写真付きでLINEを送りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乳の日っていいですね。

普段なかなか自分の左乳首、父に送る機会なんてないですからね。

 

ホントは両乳首送ってあげてもよかったんですけどね。

写真をよく見てもらえると分かるんですが、

僕生まれつき、乳首の上に乳首ついてる乳首オン乳首の持ち主なんですよね。

だから左乳首だけで両乳首表現できちゃうんですよね。

言い方を変えれば、3個あるんですよね乳首。

 

万が一、寝ている時に掻きむしって1個とれても安心です。

だって3個あるもん。

万が一、吸引力の強い彼女に出会っても安心です。

だって3個あるもん。

万が一、ルフィが溺れて海王類に襲われてるところを助けて、乳首もってかれたとしても、安心です。

だって3個あるもん。

「安いもんさ乳首の一つくらい」って、血だらけの胸を張って言えるでしょう。

 

 

父が背中で語るタイプの人間なら、

僕は乳首で語るタイプの人間です。

 

不器用なやり方かもしれないですね。

 

でも、これが僕のできる精一杯の親孝行なんです。

 

どんな形でもいんですよ、多分。

直接会って正面から言わなくても、LINEだって電話だって乳首だってなんだっていんです。

大切なことは、きっとどんな形であってもありがとうと伝えられるかどうかです。

ちゃんとコミュニケーションとりましょうね。

大切にしてたものがいつもそこにあるとは限らないですから。

今ある気持ちを、時間を、家族を大事にしていきましょう。

 

いやでもやっぱり恥ずかしいよと思う方は

是非、乳の日に父に乳の写真を送ってあげてみてはいかがでしょうか?

父も多分喜んでくれると思いますよ。

 

 

思いますよ?

 

ハハハ。

なぜ憶測なのかって?

 

 

 

 

 

 

 

送って1週間経ってもお父さんから返事がないからだよ。

 

 

 

 

 

おとーーーーーーーさーーーん‼

生きてるーーーーーーー!?!?

 

 

 

背中と乳首じゃ会話できませんでした。

 

 

 

 

なので、読むかわかんないけど、

一応ここに書いときます。

 

 

 

お父さんいつもありがとう。

あなたが僕のお父さんでよかったです。

これからも僕のお父さんとして元気にやってください。

僕はこの通り元気にやってます。

今度帰ったら、そん時は呑もうね。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。