犬も歩けば、き〇たまの写真をとると僕は思う。

はいどーも、地元のこなきじじいはみんな友達、青木です。

 

春から夏への移り変わりを肌で感じる今日この頃、皆様体調はいかがでしょうか。

体調を崩されてはいませんか?食欲はありますか?

 

僕は、最近暑さのせいで夜な夜な目覚めてしまうため、ついにエアコンをつけ始めました。少し早いですよね。僕もそう感じていたのですが温室育ちなもので今夜だけと言い聞かせてリモコンに手を伸ばした所存であります。

結果、エアコンのリモコンを音速のスピードで失くしてしまい、ここ3日間部屋の温度が強制的に毎日極寒で速攻で風邪を引くことができました。ありがとうございます!感謝感激雨あられでござんす。

 

で、今日パソコンをいじっていたら見つかりました

 

灯台下暗しってやつです。彼は恐らく意思を持っていて、久しぶりに構ってもらえた喜びからかくれんぼをしていたようですね。なんだかこのリモコンから漂う「見つかっちゃった感」がそれを物語っています。かわいいやつめ。けれど、また急にかくれんぼされて風邪をひいたら困るので、こうしました。

 

 

 

これで常に一緒にいれるので彼も寂しさを感じることはないですし、僕自身に関してはなんだか股にクナイを常備するエロい忍になれた気がします。

明日会社に出勤して、社長が急に「今から中忍試験を開始する」って言い始めたとしても、僕はこのリモコンを高々と掲げて「この部屋の温度は今から僕が支配する。」ってメガネずらしドヤ顔を決めて、クールビズおじさん並びに寒さに弱いカーディガンおばさんをたちまち平伏すことができるでしょう。

 

 

ただ一つ難点があるとすれば、外す際に股の毛が根こそぎ持っていかれることくらいです。絶叫します。絶叫しながら俺は何をやっているのだろうと自暴自棄になってしまいます。

皆さんはくれぐれもリモコンを失くさないようにしてください。

 

 

さて、上記内容からお察しのとおりブログを開始して早々にわたくし青木、ネタに困っております

 

そんなわけで今日は最近、街をフラッと散歩した時に見つけたしょうもない写真を皆さんに紹介したいと思います。

しょうもないのはいつものことなのですが、いつも以上にしょうもないので、「乳首ファイヤーーーーーー」で笑えるくらいハードルが下がった方のみ閲覧していただけると幸いです。

それではどうぞ↓

 

 

おっきいき〇たまです。

色・大きさから、年配のマンモスのものと想定されます。

 

 

額から黒い血を噴き出す世界の山ちゃんです。

道中山賊に襲われながらも、ここまで必死に手羽先を届けてきたその雄姿を、お客様ファーストのその心をこの看板で表現したのでしょう。

 

「なぁ俺の脇嗅いで素直な感想聞かせてくれへん」と真顔で母に尋ねる天使像です。よく見るとこの天使のち〇ち〇は右曲がりですね。彼は左利きなのでしょう。

 

 

です。

友人の家の近くにホントにこのまま落ちていました。

この絵を初めて友人と見たとき「うわ。むっちゃ綺麗!え!抱ける」と童貞中坊のようなクソトークで盛り上がりました。

この絵はこのあと童貞みたいな友人から毎日チェックされるストーカー被害に合っていましたが、1週間後に突如姿を消したそうです

警察に駆け込んだか、もしくは別の優しい童貞に拾われたのかもしれません。

 

 

ち〇んこときんた〇まです。

個人的な感想ですが、右玉の方が若干味が浸み込んでいてジューシーでした。食べログ評価を付けるなら☆3.1の絶妙な☆右きんたま☆でした。

 

 

 

現場からは以上になりますがいかがだったでしょうか。

こうやって並べてみると、自分の興味がいかに下ネタ中心だったかが目に見えて分かるので、万が一彼女ができたときは瞬時に写真フォルダをオールデリートして、花の写真で埋め尽くそうかなと考えています。

 

また、今回の写真のほとんどがブログのネタを探そうと意識して、下を向いて歩いて見つけたものになります。

意外と面白いものって探そうと思えば沢山あるんですね。

僕たち人間はどうしても自分より上の理想的人間を追い求めてしまいます。

 

結果、

「どうして私はこの人のように仕事ができないんだろう。とか

 

「どうしてこの人のように私は人から信頼されないんだろう。」とか

 

上ばかりを見すぎて、疲れて、行き詰って、悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

僕は今回、下を見て歩いて思ったんです。

たまには下を向いて歩いてもいんじゃないかって。

そしたら自分の靴紐がほどけていることに気づいて、ゆっくりと結びなおすこともできるし、笑える発見だって色々あるんじゃないかなって。

上を向いて歩こうなんて無理して陽気に歌う必要はありません、そんなことしてたらいつか太陽の光で失明して、急に目の前が真っ暗になっちゃうと思います。

だから、たまには下を向いて、僕のように色んな面白いものを発見する旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

 

あなたにとって素晴らしい出会いがあるかもしれません。

 

 

 

 

 

といい感じにこの記事をまとめることによって、ほぼ下ネタオンリーのこの記事の存在をオールデリートしたのち、皆さんの脳内に優しい青木の存在が芽吹くことを切に祈りながら、僕はしこって寝ようと思います。

ごきげんようさようなら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。