世界から金玉が消えたなら

ある日うちの猫から金玉が消えた。

 

 

 

 

いや、消えたのではない。

 

 

 

 

消したのである。

 

 

 

 

 

 

「先月〇〇ちゃんと〇〇ちゃん去勢したの。これでこれ以上増えないから、安心してー。」

久々に帰省した僕に母は唐突に話し始めた。

 

「これ以上増えちゃうとさすがに食事代もバカにならないからねー。」

僕はソファーに寝転がる5匹の猫を見ながら、へぇーと適当に相槌を打って、それからタバコに火をつけた。

 

 

 

 

タバコの煙を追いながら、初めて我が家に猫が来た日のことを思い出す。

 

 

 

 

あれは何年前の話だろう。弟が雨に濡れ、今にも死にそうな子猫を拾ってきて、動物好きな母は弟と一緒にそいつを一生懸命に看病して、そして一生懸命に可愛がった。

 

 

名前は5月に拾ったから「メイ」と名付けられた。

 

 

メイは本当に可愛かった。

けれど僕はメイに触れると何故か鼻と目から大量の汁が出るから、メイを抱きしめることができなかった。

 

メイは本当に可愛かった。

だから母は狭くてボロい我が家にメイを閉じ込めるのは可哀そうだ、とメイに自由を与えた。結果、メイは夜な夜な見知らぬ男と遊ぶビッチな女に成長した。

 

メイは本当に可愛かった。

だからメイは童貞の僕を差し置いて、誰の子とも分からぬ子を産んだ。男は結局挨拶にも来なかったが、それでも母は初孫ができたと凄く喜んだ。僕が東京に行くことになった年だったので、母が寂しがらなくてすむとメイにその時は感謝した。

 

それから、年に一度僕が帰省する度に必ず猫が増殖していた。

母は全ての孫をまんべんなく甘やかしたため、全部ブクブクに太っていて途中から名前と顔が一致しなくなった。そして何代目かも分からぬメイの子孫たちは人間に警戒心を持たず、年に一度しか会わない僕に対しても積極的に擦り寄ってきて、その度に僕の顔面は汁まみれになった。ビッチの血は脈々と受け継がれていた。

 

 

「なぁーーお」

鳴き声とともにビッチの子孫が膝に飛び乗って来て我に返る。驚いてタバコの灰が床に落ちた。それを見ていた母が笑いながら聞いてもいない子孫の紹介を始めた。

「その子がルー君。1番甘えん坊の男の子。可愛いでしょ。」

 

可愛くない。

こいつらは自分が可愛いことを知っていて、世の中に自分を嫌う人間はいないと思ってやがる。全くもって可愛くない。

そんなこと母には言えないから僕はまた適当に相槌をうって、膝の上でゴロゴロと体制を変えるルー君を見つめた。

 

 

ルー君に金玉はなかった。

 

 

「なぁーーお」

頭を腕に擦り付け、ほら可愛いだろ撫でてくれよとルー君が言う。僕はルー君を静かに床に落として、つけっぱなしのテレビから流れるニュースに目をやった。

 

「昨夜、東京都千代田区に住む女性が帰宅途中に背後から抱きつかれ…」

 

 

「最近変な男が多いのねー。ルー君みたいにみんな去勢すればいいのに。ねールー君」

ルー君はすでに母の膝でゴロゴロしていて、母は僕ではなくルー君に話しかけていた。僕はまた適当に相槌を打って、部屋に戻った。

 

 

 

その晩、布団に入ってからも母の言葉が妙に頭から離れなかった。

「もし世界から金玉が消えたなら世界は平和になるのだろうか。」

暗闇を見つめ、一人途方もない世界を創造した。

 

 

 

【もし世界から金玉が消えたなら】

 

 

 

もし世界から金玉が消えたなら…

母の言うように、この世から性犯罪はなくなり、痴漢や強姦、不倫と言った無粋な言葉は消滅するだろう。

 

 

 

もし世界から金玉が消えたなら…
男女平等を叫びながら、女性専用車両に乗り込む狂人はいなくなるだろう。

 

 

 

もし世界から金玉が消えたなら…

この世の92%のバンドマンはギターを投げ捨て、就活に走るだろう。

 

 

 

もし世界から金玉が消えたなら…

野球部でも、和尚でもない坊主がそこら中に溢れるだろう。

 

 

 

もし世界から金玉が消えたなら…

意味も分からず洋楽を聞くやつは7割減るだろう。

 

 

 

もし世界から金玉が消えたなら…

今までボディータッチと「もう部長ったら~」だけで仕事をやってきた女は職を失うだろう。

 

 

 

もし世界から金玉が消えたなら…

矢口は今だって歌って踊っているだろう。

 

 

 

もし世界から金玉が消えたなら…

男子中学生は友達とのコミュニケーションのとり方を忘れるだろう。

 

 

 

もし世界から金玉が消えたなら…

あなたのお父さんは今より2時間は早く帰ってくるだろう。

 

 

 

もし世界から金玉が消えたなら…

だれも平日にジャケットは着ないし、曇天でサングラスもかけない。

 

 

 

もし世界から金玉が消えたなら…

石田純一は靴下をちゃんと履いている。

 

 

 

もし世界から金玉が消えたなら…

顔面に国旗をペイントするやつは減る。

 

 

 

もし世界から金玉が消えたなら…

キリストはその生誕を祝われなかった。

 

 

 

もし世界から金玉が消えたなら…

ハチ公も仮装集団に囲まれることはない。

 

 

 

もし世界から金玉が消えたなら…

矢口は今だって歌って踊っている。

 

 

 

もし世界から金玉が消えたなら…

みんな原付。

 

 

 

もし世界から金玉が消えたなら…

プロテインはまず飲んでいない。

 

 

 

もし世界から金玉が消えたなら…
テキーラも誰も呑まない。

 

 

 

もし世界から金玉が消えたなら…

合コンは1円単位で割り勘。

 

 

 

もし世界から金玉が消えたなら…

結婚式の二次会に男はいない。

 

 

 

もし世界から金玉が消えたなら…

ハンドスピナーは今も世界で回っている。

 

 

 

もし世界から金玉が消えたなら…

僕の世界は大きく変わる。

 

 

 

 

一人暮らしなんてしていないし

 

 

 

ダブルソファーベットなんて買ってない。

 

 

 

心理学の本も

 

 

ファッション雑誌も

 

 

 

全部全部燃やしてやる。

 

 

 

ディズニーのパズルは膝で叩き割って

 

 

クラッチバックには紐をつける。

 

 

 

夏には短パンを履くし

 

 

 

 

冬にはとんでもない重ね着をする。

 

 

 

女の前だけ、お母さんのことをお袋って言うのもやめるし、

 

 

西野カナが好きなんて嘘もつかない。

 

 

 

インスタでカフェの写真もあげないし、

 

 

 

Twitterで闇を抱えたふりをするのもやめる。

 

 

 

 

世界から金玉が消えたなら…

僕の劣等感はたくさん消える。

世界から醜い犯罪もたくさん消える。

 

海は今より美しいだろうし、

渋谷は今も自然で溢れていたかもしれない。

 

 

 

それでも、僕は世界から金玉が消えてほしいとは思わない。

ハートの絵文字に意味がないことは知っている。結婚式の二次会に運命的な出会いがないことも知っている。ボディタッチが意図的に行われていることは言われなくても分かっている。

だけど、金玉一つでそんな毎日に一喜一憂している情けない人生が、悲しくもあり、楽しくて仕方がない。

 

雨が降ったら、透けブラ、

風の日にはパンチラ、

夏のブラ紐に心躍り、

冬の生足に拍手を送る。

気付けば、僕の毎日は金玉に生かされていた。

 

 

 

 

「なぁーーお」

ルー君がいつの間にか僕の布団に潜り込んで泣いていた。

こいつは今何を思い、そして何を楽しみに生きているのだろう。

 

 

 

 

僕は腕に擦り寄るルー君を優しく抱きしめた。

 

 

 

「ごめんね。」

 

 

 

 

 

僕の顔面から、静かに汁が零れ落ちた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。