雪に踊る狼と服部平治と毛利蘭

お久しぶりです、青木です。

最近「冬」が本気でアイデンティティーをぶつけ始めましたが、皆さん体調を崩されてはいませんか?

 

僕は、お陰様で37度2分をずっとキープしています。ブログを始めてから基礎体温が上がったので、低血圧のおじさんはブログを始めてみるといいかもしれませんね。

 

とはいっても体調がすぐれない日がこうも続くと、気持ちも憂鬱になってしまいます。社会人たるもの、体調管理も仕事の一環。たまには自分の体を労わり、ゆっくり休む時間も必要です。

 

 

 

 

 

 

ということで、今回は職場の後輩二人と後輩のお嫁さんの4人で一泊二日のスノボ旅行に行ってきましたので、その内容をブログに書いていきたいと思います。

あとアイキャッチ画像は完全に釣りなので、えちえちを想像してブログに迷い込んだ方は、この辺で帰宅していただいて大丈夫です。この先どれだけスクロールしても、僕の乳首と膝小僧以外はでてきませんので、何卒よろしくお願い致します。

それではどうぞ↓

スノボ一泊二日旅

今回僕が行ったのは長野にある「竜王」という、中二病の夢が凝縮された名前のスキー場です。朝の3時に家を出発して、4時間くらいかかりましたが、後輩が運転してくれる横で瞬きをしたら、一瞬でスキー場についていたので、多分ワープを使ったんだと思います。

 

ちなみにこのスタイルで車に乗り込んだら「え、普通に起きてたけど。」と堂々と嘘をつくことができるので、会社で誰にもバレずに寝たい人はこのスタイルで出社して、しゃっちょさんに喧嘩を売ってみてください。僕は陰ながら応援してます。

 

ホテルチェックイン

さて、ホテルに着いた僕は色々ありましたが、とりあえず服を脱ぎました。これだけいうと変態みたいに聞こえちゃうので、ちゃんと理由を説明させていただくと、後輩のお嫁さんに一度僕の裸体を見てほしかったんですよね。

 

全然関係ないんですが、この歳になって胸毛が薄っすら生えてきたのが最近の悩みです。

ちなみに今回のスノボですが、僕はぎっくり腰手前の腰痛を所持しているので、事前にお医者さんに相談してサポーターをつけて臨むことになりました。

 

 

 

 

サポーターを付けると動きづらくなると思っていたんですが、意外と違和感はなかったです。これでいくら転んでも、乳首は絶対取れないし、防寒対策も充分。一石二鳥のフルカスタムの完成です。

 

ちなみに使い方次第では膝のサポーターにもなりますので、体が終わってる人で、なおかつ羞恥心も終わってる人はブラ一つ持っていけば安全にスノボを楽しむことができます。是非試してみてください。僕は陰ながら応援してます。

 

さてサポーターも巻いて、怖いものもなくなったので、ここからは時間の許す限り、全力でスノボを楽しむことにいたしましょう。

青春万歳!青春バンザーイ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うん。歳だね。二本くらい滑ったら満足しちゃった。しかも二本滑っただけで顔が10歳くらい老けたので、あと八本滑ったら多分老衰してたと思う。あぶねえあぶねえ。

 

 

そういえば休憩してる時、後輩にいきなりライターで顎を炙られたよ。脱毛に行っていたから、一瞬喜んでしまったけど、このままでは先輩として舐められすぎなので、ご飯を食べた後、拳で上下関係ってやつをみっちり教えてやることにしたよ。

 

 

 

 

 

オラオラオラオラ~!!

 

 

 

 

 

先輩、舐めんなよクソがーーッ!!!

 

 

 

 

 

上下関係の恐ろしさってやつを体に叩き込ませてやんよー!!!

 

 

 

 

 

 

おらよっ!!

お父さん。お母さん。お元気ですか?

僕はなんとか元気にやっています。最近寒くなってきたので体に気を付けて、どうか元気に春を迎えてください。雪解けの頃、また連絡します。

 

ホテル

ひとしきり滑ったあとはホテルに戻って、後輩のまたぐらで暖をとったり

 

後輩の嫁に脱ぎたてホヤホヤのブラジャーを乗せて、一人でニヤニヤしたり

 

後輩の股間のかほりを死ぬほど嗅いだりしてました。

 

ナイター

その後、ホテルのバイキングで店側が「もう勘弁してください」と土下座をするまでご飯を食べた後、ナイターを滑ることになりました。

正直、昼に滑った時に膝とか強打して死ぬほど体痛いし、あとはこの日全国的に大寒波が襲っていたので、雪もふぶいていて、本当はめちゃくちゃ行きたくなかったのですが、後輩がどうしても行きたいと駄々をこねたので、お風呂でしっかり体を温めた後に出陣することにしました。

ただ後輩にすごく急かされたせいで、少しだけ準備不足になってしまい…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お風呂上りの恰好で滑ることになりました。

 

 

風がちょっとだけ強かったです。

 

後輩がリフトで写真を撮ったところ、異国の地でテロリストに捕まってしまった大富豪の死に際みたいな写真が撮れました。

 

あと絶対に寝ちゃいけない場所で、眠くなってしまいました。

 

それから、山頂でどこの馬の骨かも分からんウェイウェイ大学生に写真を撮ってくださいと言われて、サービスした結果、右乳首が確実に凍死しました。

 

途中自然の猛威に負けそうになりましたが、なんとか山頂までたどり着くことができましたので、さっそくバスローブでスノボをやっていこうと思います。

 

 

うぇ~い

実際に滑っている様子を後輩が動画で撮ってくれたんですが、バスローブがいい感じにヒラヒラして凄く上手に見えます。BGMさえつければ、犯人をバスローブで追う高校生探偵のようですね。

 

 

 

 

ら~~ん

 

 

 

 

 

俺の名前は高校生探偵あおき。幼馴染の毛利蘭とスノボに行ってバスローブで遊んでいたら、黒ずくめの男とか関係なしにこんな感じになって、おそらく寿命が縮んでしまっていた。

 

 

命の危険を感じ始めた俺は、アガサ博士とか面白いとかそんなんどうでもよくなって、一目散にホテルへ戻り、冷静に自分を見つめなおすことにした。

 

 

 

そして重大な事実に気づいてしまう…

 

 

 

俺の名前は、あおき。高校生探偵でもなければ、お笑い芸人でもユーチューバーでもない。ただの社会人童貞だ。こんなふざけたことをして生きている場合ではない。嫁だ!早く嫁を探して幸せな普通の家庭を築かないと、時代に取り残されてしまう!!

 

 

 

急げ俺!!まだ間に合うはずだ!!

 

 

 

 

きっとどこかに俺に合った最高の嫁がいるはずだ!!

 

 

 

 

諦めるな!!

 

 

 

 

 

運命を手繰り寄せろ!!

 

 

 

信じて走れ!!

 

 

 

 

 

信じて探せ!!

 

 

 

 

 

歩みを止めるな!!

 

 

 

いっっっけーーーーーーー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わ~い

俺の名前は社会人童貞あおき。今日も明日も明後日もこんな感じで毎日楽しく生きている。だからみんなも辛いことがあるかもしれないが、毎日楽しい方に生きてくれ。

ー寒ー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。